--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01.2417:16

百万回

 森山未來さん主演
 ミュージカル「100万回生きたねこ」観てきました

P1060122.jpg

 舞台を観るのは久しぶりだったから、スクリーン自体は何を上映しても
変わらない映画館と違って、開演前の舞台そのものがもう「100万回生きたねこ」の
雰囲気になっている事にまず新鮮な興奮を覚えました。

 舞台装置には、始まってからもあらゆるところで驚かされました。
 とらねこちゃんが「転がり出る」、100万回(生き返る、というか
甦る、というか)の表現が良かったです。

 内容はというと、
 絵本の内容を、壊さずにそのままふくらませたファンタジックな世界観で、
派手派手しい演出はなく、落ち着いて楽しめました。
 
 森山未來さんの、動きが本当にしなやかで頭のてっぺんからつま先まで
神経が通っているのがわかる仕草が、本当にもう猫そのものでびっくりした。
 それから、歌をお聴きするのも初めてだったんですが、その声量と響きにも
びっくりしました。

 途中、おそらく意図的で無しに、
 回収しきれず舞台上に残っていた銀のテープがとらねこちゃんの巻き取っていた
毛糸玉にくっついちゃって、そのままとらねこちゃんの頭にひっかかってしまって(!)
それを進行の妨げになることなく、「猫」の仕草で外そうとする森山さんに、感動、
というのも変だけど、なんていうか、ほぉっ(・□・●)ってなった。

 満島さんも、ちょっとすました、でもかわいい白猫そのもので、
とても素敵でした。

 その満島さんとの♪「くり返す~」の歌は特に、歌だけで泣けてきてしまうような、
本当に良い声でした。(♪「また繰り返す」)

 それから、ラスト間近、
 とらねこちゃんの♪「君といたいよ」、

♪「読みかけのページに
 君の寝息はさみ
 いつまでもそこだけ
 ぼくは読んでいるよ」

 の所、私は、隣で一緒に観ているとても大切な人を思って、
本当に、ぽろぽろぽろぽろ泣いてしまいました。

 「すき」「きざ」「ざんこく」
 「すき」「きざ」「ざんこく」
それが、
 「すき」「きみ」
になったときに感じたあの暖かさはなんだろう。

 この舞台を、観ることが出来て良かったです。


 あぁ、1月はこの余韻にどっぷり浸って、
来月もすでに観劇の予定が☆

P1060126.jpg
 松ケン初舞台
 「遠い夏のゴッホ」

 今日が猫のお話だったので、次は蝉のお話ですw



 
 
スポンサーサイト

テーマ : ミュージカル
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

茂木ぅゃ

Author:茂木ぅゃ
 社会人3年生。
 人間24年生です。

読書メーター
atoriの最近読んだ本
最新記事
おはこんわ(゜▽゜川
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
本棚
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。